stacy's blog

ディズニーが好きな人がディズニーについて語るだけのブログ。

スター・ツアーズは正史設定になれるのか - 最後のジェダイ版の感想

ディズニーパークの人気アトラクション、スター・ツアーズ:ザ・アドベンチャーズ・コンティニューが映画「最後のジェダイ」に合わせてアップデートされたので先日行ってきました!のでその感想を、ディズニーオタク兼スターウォーズオタクらしく長々と語っていきます。題してっ、「スター・ツアーズは正史設定になれるのか」

f:id:stacyperry109b:20180111164111j:plain

 

スターウォーズの作品はどんなメディアであっても全て同じ歴史の一部として扱われ、アトラクションであるスター・ツアーズももちろんその例外ではなく、1987年に出来た旧スター・ツアーズはエピソード6の後、2010年に出来たアドベンチャーズ...の方はエピソード3と4の間の時代の話としてストーリーが作られています。とまあ、ここまでは理解しやすいけれど複雑なのはここから。

2014年、ディズニーは新たにエピソード7から始まる三部作を作るために2014年以前に作られたスピンオフ作品、つまり映画6作とアニメのクローン・ウォーズを除いた全ての作品が紡いできた歴史をリセットして「レジェンズ」と呼び、新たに「正史」つまり正しい歴史として物語を作り始めると発表しました。これによりスターウォーズには二つの世界観が同居することになり、スター・ツアーズたちは2014年以前のスピンオフ作品なのでレジェンズとなります。

がしかし、2015年の「フォースの覚醒」公開時、映画に登場した惑星ジャクー、そしてフィンとBB-8が登場するようになるのですが、これらのキャラは2014年以降の作品で初登場した「正史」のキャラ。それが「レジェンズ」の作品であるスター・ツアーズに登場する複雑極まりない事態に。しかも、こんな小難しい言葉を使わなくてもそもそも時系列的にダース・ヴェイダーから逃げた先にフィンがいるっていうのはタイムマシンかなっていう。TIEファイターの色も違うし。まあ、そもそも他のシーンでもエピソード1とか3に登場しそうな船がエピソード4の時代に登場してるってことになるので疑問は生じるけどね。

とにかく、そんな問題を一気に解決してくれたのが2017年「最後のジェダイ」でのアップデートだったのです。これは、映画に登場した惑星クレイトっていう星が舞台になるよっていう風に宣伝されていたけれど、箱を開けてみたら全然それだけじゃなく、矛盾点を大分和らげてくれる神アプデだったのです。

f:id:stacyperry109b:20171217005207j:plain

一番大きな変更点は冒頭の宇宙港のシーン。これまではダース・ヴェイダーが登場していたところがカイロ・レンに変わりました。これ、映像変わっただけで動きとかストーリーは一切変わらないから「安っちい」なんて意見もあったけれどもそんな事はない。ストームトルーパーもTIEファイターも、なんならスター・デストロイヤーまでエピソード7と8に出てくるファースト・オーダー仕様になっていたというマイナーアップデートの大勝利案件だったのでこれはビックリ。

という事でこれで観ている人も、「あれ?これタイムマシンじゃね?」と思う事は無くなったのです。めでたしめでたし...と思いきや。最初に言った「正史」と「レジェンズ」の関係性を思い出すと、未だレジェンズの作品に正史のキャラが登場するという不思議な状況は改善されていません。でもまあ、その不思議な状況でもいいんじゃないかなとか思うよ。そもそも今回のクレイトのシーンは映画のシーンの真っ只中に登場するので、これが正史だったらC-3POが2人いる問題になっちゃうし。僕は「正史」っていう概念が好きだからとっても残念なんだけど、スター・ツアーズは結局「非正史」つまり正しい歴史としては認められない公式二次創作的な扱いに止まっちゃうのかな。

そんな中、今世界のディズニーパークではスターウォーズがテーマのアトラクションが多数ある、計画されています。そしてそれらは「正史」となりそうなのです!なのでそれらを簡単にご紹介。

まずはハイパースペース・マウンテン。みなさんお馴染みスペース・マウンテンとハイパースペースをかけたこの特別版はスペース・マウンテンの期間限定版として作られたんだけど、そのテーマがなんと「ジャクーの戦い」。これ、映画では登場せずにバトルフロントっていうゲームやロスト・スターズにアフターマスっていう小説とかでしか語られていない出来事。そんな所を取り上げるっていうのはやはりディズニー買収前のスターウォーズでは出来なかっただろうね。

f:id:stacyperry109b:20180111171032j:plain

続いてジェダイ・トレーニング・アカデミー。これは子供達がライトセーバーを学んでジェダイになろう!という体験型ショーなんだけれど、登場するキャラクターはダース・ヴェイダーダース・モール、セブンス・シスター、そしてカイロ・レン。このショーはヴェイダーとレンが並んでいるところが見られるレアなショー。

はい皆さん思ったでしょ、ディズニーは時系列きにするようになったんじゃないの?この光景おかしくない?って。そう実はこのヴェイダーとレン、ショーに登場するパダワンの恐れが具現化したフォース・ヴィジョンだという飛び道具設定により矛盾が発生しないのです!どうだー、参ったか!←

ま、カイロ・レンがいる時代にジェダイ・テンプルがある訳ないのでその辺は矛盾してて非正史なんですけどね。

f:id:stacyperry109b:20180111171702j:plain

そして最後に、来年アメリカに誕生するスターウォーズランドことスター・ウォーズ:ギャラクシーズ・エッジ。これも正史設定になることがすでに発表され、バトゥーという惑星が舞台となります。f:id:stacyperry109b:20180111172033j:plain

そう、バトゥーといえば、今回のテーマであるスター・ツアーズのアップデートで追加された惑星の一つ!カリフォルニアとフロリダのスター・ツアーズに乗ったゲストはクレイトを抜け出した後この星にたどり着き、そしてそのままその足でバトゥーを訪れるという素晴らしい流れが出来上がるのです!!

 

問題:この時、ギャラクシーズ・エッジが存在しない東京ディズニーランドとディズニーランド・パリの心境を答えよ。

答え:悲しい