stacy's blog

ディズニーが好きな人がディズニーについて語るだけのブログ。

『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズの年表 -最新版-

最新作『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』も公開され、ますます世界観が複雑になってきたパイレーツ・オブ・カリビアンシリーズ。映画の中で回想シーンとかも登場するけど、それらを全て物語の時系列にまとめたらどうなるのか?と思ったので、パイレーツオブカリビアンシリーズの年表を作ってみました。一応西暦で書くけど分かりにくいので、一作目『パイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち』の中で起きるバルボッサによるポートロイヤル襲撃を基準として、その何年前、何年後も横に書きますね。まあ分かりやすい!

1693年(ポートロイヤル襲撃の40年前)

ジャック・スパロウエドワード・ティーグの元に生まれる

1712年(ポートロイヤル襲撃の21年前)

スペイン海軍のサラザール船長に追われていた船に乗り込んでいたジャック・スパロウが機転を利かせて魔の三角海域を回避するが、中に突入したサラザールらが爆発で死に、死神として過ごすことになる。

1720年(ポートロイヤル襲撃の13年前)

東インド貿易会社の乗組員として雇われていたジャック・スパロウが、その時運んでいた荷物が奴隷であることに気づき、奴隷を全て解放する。それに怒ったベケット卿はジャックの船を沈め、腕に海賊の烙印を押す。ジャックはデイヴィ・ジョーンズに、船を海の底から引き上げて13年間船長を出来るように頼み契約を結ぶ。こうしてジャックはその船を「ブラック・パール」と名付け、名実共に海賊暮らしを始める。

1723年(ポートロイヤル襲撃の10年前)

船の一級航海士であったヘクター・バルボッサジャック・スパロウに反乱を起こし、ジャックを島に置き去りにする。その後バルボッサは呪われたアステカ金貨を発見し使ったため呪いにかかる。呪いに気づいた後使った金貨を全て回収しようとしたが、最後の一枚の金貨の居場所を知る「靴ひものビル」を海に沈めてしまったため、呪いを解くことができなくなる。

1725年(ポートロイヤル襲撃の8年前)

エリザベス・スワンらが乗る船が海賊船に襲われた船を発見し、ウィル・ターナー少年の生存を確認する。エリザベスはウィルの持つ金貨が海賊のものだと思い、周りにバレないように密かに保管する。なおこの時ギブスは英国海軍に仕えていたが、その後再び海賊業へと戻る。

1733年(ポートロイヤル襲撃の0年前)

ジャック・スパロウがポートロイヤルを訪れる。その頃、ジェームズ・ノリントンの進級祝いに出席したエリザベスがアステカ金貨を胸につけたまま海に落下したため、金貨の存在場所がバルボッサに知られるようになる。

1733年(ポートロイヤル襲撃の0年後)

バルボッサが金貨を求めてポートロイヤルを襲撃する。バルボッサにさらわれたエリザベスを追うため、ウィルはジャック・スパロウに助けを求める。

f:id:stacyperry109b:20170720161346j:plain

「死の島」でバルボッサと対面したジャックはアステカ金貨の呪いを解き、バルボッサを殺すことに成功する。その後ジャックはブラック・パールでカリブ海を巡りるが、デイヴィ・ジョーンズとの契約が期限切れになることを知り、ジョーンズの心臓がある「デッドマンズ・チェスト」を探し始める。

1734年(ポートロイヤル襲撃の1年後)

ウィルとエリザベスの結婚式がベケット卿によって邪魔され、二人はジャック・スパロウを探し始める。その時ジャックはデイヴィ・ジョーンズから逃げるため原住民族の住む島におり、食べられそうになったところ逃げ通す。しかしその後すぐにジョーンズに見つかってしまうがウィルを人質にすることで再び逃げ通す。そして無事「デッドマンズ・チェスト」を見つけ、ウィルがジョーンズから奪った鍵を使い、心臓を取り出す。

f:id:stacyperry109b:20170720161949j:plain

しかしその心臓はノリントンが回収し、ベケット卿の元へ届ける。そしてジャックはクラーケンによって、「デイヴィ・ジョーンズの海の墓場」へと連れて行かれる。

残されたウィル、エリザベスたちはジャックを救うため、ティア・ダルマによって生き返ったバルボッサと共にシンガポールで海図を探す。その海図を使って無事に死者の世界へたどり着き、ブラック・パールをひっくり返す事で緑色の閃光と共に元の世界へと戻る。彼らは海賊評議会を開くことに決め、デイヴィ・ジョーンズ、そしてベケット卿と戦うことに決める。

f:id:stacyperry109b:20170720162810j:plain

戦いの結果、海賊側が勝利したもののウィルがジョーンズによって殺され、心臓を突き刺したことによりかろうじて生き延びる。そうしてウィルは「フライング・ダッチマン」の船長となり、10年に1度しか陸に上がれなくなる。一方ジャックは再びバルボッサにブラック・パールを奪われるが、海図は肌身離さず持ち続ける。

1735年(ポートロイヤル襲撃の2年後)

ウィルとエリザベスの息子、ヘンリー・ターナーが誕生する。

1744年(ポートロイヤル襲撃の11年後)

ウィルがエリザベスとヘンリーの元へ戻る。この時ヘンリーは、父親の呪いを解くことを決意する。

1746年(ポートロイヤル襲撃の13年後)

フライング・ダッチマン」の居場所を見つけたヘンリーは、体を沈めることで父親に会おうとする。この時点にウィルの顔には2年前には無かったフジツボが付いていた。

1750年(ポートロイヤル襲撃の17年後)

イギリスにいたジャックはかつての恋人アンジェリカ、そしてその父親の黒ひげと共に「生命の泉」の探索に出る。

f:id:stacyperry109b:20170720163818j:plain

一方、イギリス王室に仕えるようになっていたバルボッサは海図を持っていたギブスと共に、同じく「生命の泉」を探す。しかしその真の目的はかつてブラック・パールと片足を奪った黒ひげに復讐することだった。泉のほとりでバルボッサの復讐は成功し、さらにジャックが命を奪う方のカップを渡したことで黒ひげが命を落とす。しかし黒ひげが命を落としたことで、ボトルシップにされたブラック・パールを元に戻す方法をジャックは知る事ができなかった。

1755年(ポートロイヤル襲撃の22年後)

ヘンリー・ターナー、カリーナ・スミスがジャックと出会い、「ポセイドンの槍」を得るために行動を共にする事になる。

f:id:stacyperry109b:20170720164613j:plain

しかしサラザールがジャックへの復讐を果たそうと躍起になり、バルボッサはそれに協力せざるを得なくなる。ポセイドンの槍の場所にガリレオの日記を使ってたどり着くと、ヘンリーとカリーナが槍を破壊した事で海の全ての呪いが解ける(どちらかと言うと呪いがかかる前の状態に戻る)。これによってサラザール、ウィル・ターナー、そしておそらく猿のジャックが普通の人(猿)に戻る。ウィルとエリザベスは再び共に過ごすようになるが、彼らが寝る中ある影が忍び寄る。

 

 いやー、こう見るとパイレーツシリーズもとっても長い歴史になったね。長い歴史があるので既に実は時系列だったりに矛盾点だったり出てるんだけど、一応この流れが「正史」と呼べる部分じゃないかなと思う。でもまさかワールドエンドと生命の泉が15年も空いてるとはね...。めっちゃビックリ。