読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

stacy's blog

ディズニーが好きな人がディズニーについて語るだけのブログ。

Glowing in the Darkミュージックビデオ特集

その他

 

「うわさのツインズ リブとマディ」での共演をきっかけに、プライベートでも付き合っているダヴ・キャメロンとライアン・マッカーテン。そんな二人が組んでいるバンドの「The Girl and the Dreamcatcher」の最新曲、Glowing in the Darkのミュージックビデオが最高にカッコよくて大好きになったので、今回紹介してみたいと思います。

まずは百聞は一見に如かず。とりあえず観てみてください。

オープニングは墓地を訪れているダヴ。誰か大切な人のお墓の前に立ち、一輪のバラを落とします。そして画面は地面の下へ。そこにはライアンがいました。そしてライアンの周りには無数のバラの花が。そして墓地を後にするダヴですが、車の席の横にはライアンが。(にしてもこの車って誰が運転してるんだろうね。)まあ、これらをみてライアンは何らかの原因によって死んでしまい、ダヴとライアンは恋人同士だったって感じだろうね。

f:id:stacyperry109b:20160227004843p:plain

f:id:stacyperry109b:20160227004938p:plain

f:id:stacyperry109b:20160227005002p:plain

f:id:stacyperry109b:20160227005057p:plain

f:id:stacyperry109b:20160227005140p:plain

f:id:stacyperry109b:20160227005232p:plain


そしてダヴとゴーストのライアンは、ダヴの家へ。相変わらずダヴにはライアンの姿が見えていない様子。そして友達のヴィクトリアからパーティーのお誘いが。おそらくライアンが死んでからダヴはずっと一人で悲しんでいたんだろうね。

f:id:stacyperry109b:20160227005506p:plain

f:id:stacyperry109b:20160227005601p:plain

f:id:stacyperry109b:20160227005711p:plain

 

そしてパーティーへ行くと、なぜか死んだはずのライアンがダヴにも見えている。そしてダンスを踊るが、ライアンはその後再び消えてしまう。そしてダヴが困惑するという所でお話は終了しています。

f:id:stacyperry109b:20160227005753p:plain

f:id:stacyperry109b:20160227005824p:plain

f:id:stacyperry109b:20160227005920p:plain

f:id:stacyperry109b:20160227005954p:plain


おそらく、恋人を亡くし悲しんでいるダヴだが、その恋人はゴーストになってダヴを見ていて、一人じゃないんだよと伝えようとしている条件を表したミュージックビデオなのかな。なんか曲の歌詞的に。黒を基調とした映像で、だけどダヴとライアンがいちゃいちゃしてる回想シーンみたいな所だけ白がメインになってて面白いよね。f:id:stacyperry109b:20160227005315p:plain

 

最後におまけの話。このミュージックビデオが公開されてしばらくした時、ライアンがTwitterで「なんで自分のキャラクターはゴーストなのか?」というアンケートを投稿。交通事故に遭った、誰かに殺された、実はJDだった(Heathersというミュージカルで過去にライアンが演じた役)などの中で、投票数が一位になったのは「じつは彼は元から存在していなかった」うーん、妄想がはかどりますね!笑

 

このミュージックビデオに対してダヴ・キャメロンがCambioというサイトでインタビューに答えています。

Cambio: このGlowing in the Darkのミュージックビデオのコンセプトについて教えてください。

Dove: このビデオのコンセプトで好きなのは、とても暗くロマンチックで、それでも子供の視聴者に不適切な感じにしていない所なの。まるで少し短いミュージカルみたいな物ね!このキャラクターの愛し合って恋しく思っているところの切なさを感じられると思うの。これは歌と私たちなりの曲と演技を全部合わせたものであり、私のボーイフレンドとこうやって一緒に作れてとても嬉しく思っているわ。

Cambio: 撮影の時、一番好きなシーンはどれでしたか?

Dove: 私のキャラクターがようやく彼に障れたというシーンのダンスなどね。この時本当に私とライアンはお互いを支えながら曲の間ずっと踊っていたのよ。何度もね。すっごく楽しかったわ。今起きていることに引き込まれるようなシーンで、セット全体が元気に満ちあふれて感動的だったの。

広告を非表示にする