読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

stacy's blog

ディズニーが好きな人がディズニーについて語るだけのブログ。

東京ディズニーシーへの道のり②

ディズニー

みんな大好き東京ディズニーシー。このパークは世界唯一の海をテーマにしたディズニーパークであり、ストーリーや世界観などがきわめて高いレベルで作られています。その東京ディズニーシーはどのようにして作られたのかという道のりを3回に分けて紹介していきたいと思います。今回はその2回目。

 

第1回では、ディスカバリーベイという中止されてしまったディズニーランドのテーマランドについて紹介しましたね。今回も中止されてしまったプロジェクトについての紹介です。その名も、Port Disney。

ディスカバリーベイの構想から15年ほどの1991年のこと、ディスカバリーベイの要素を取り入れた新しいプロジェクト、Port Disneyが始まります。これは、カリフォルニア州ロングビーチに新しいディズニーリゾートを造るという壮大な計画で、ホテルやショッピングセンター、ディズニークルーズの港などが入った施設ですが、その目玉となるのがディズニーシーというディズニーパークです(ここから先「ディズニーシー」と「東京ディズニーシー」という言葉を使い分けます)。

f:id:stacyperry109b:20160101221847j:plain


このディズニーシーは、その名の通り海をテーマとしたディズニーパーク。コンセプトはウォルト・ディズニー・ワールド内にあるマジック・キングダムと、エプコットのフューチャーワールドを合わせたもので、近未来的でロマンあふれる海を体感できるパークでした。しかし埋め立てをするための資金をディズニー社が行わなければいけなくなり(東京ディズニーリゾート香港ディズニーランドは埋め立てをディズニー社が受け持っていない)、そうした資金の問題により計画はおじゃんになってしまいました。

f:id:stacyperry109b:20160101221628j:plain

 

しかしこのパークのアイデアは他のパークに受け継がれているものもあります。という事で、考えられていたテーマランドをそれぞれ紹介していきたいと思います。

Oceana
パークの中心に位置し、6つのガラス球が集まった形をしている。海の博物館の機能を備えており、様々なアトラクション、そして研究施設も備えるなどかなり充実したエリアです。

f:id:stacyperry109b:20160101221703j:plain


Mysterious Island
ジュールヴェルヌの小説、海底2万マイルなどをテーマとしたテーマランド。火山の中の秘密基地をイメージしており、東京ディズニーシーにそのイメージがほぼそのまま受け継がれています。

Hero's Harbor
オデュッセウスやシンドバッドなど、古代の英雄の世界を再現したエリア。東京ディズニーシーのアラビアンコーストにシンドバッドのアトラクションがあるので関連性があると言えますね。

Fleets of Fantasy
中国やエジプトなど様々な場所、時代の船が一堂に集まり、そこで食事などが出来るエリア。若干ですが、東京ディズニーシーアメリカンウォーターフロントと関連しているような気も。

Boardwalk Fun Fair
20世紀初頭のカリフォルニアの遊園地をテーマとしたテーマランド。ディズニー・カリフォルニア・アドベンチャーのパラダイス・ピアにテーマが受け継がれています。

Pirates Lagoon
海賊の世界をテーマとしたテーマランド。上海ディズニーランドにも同様のエリアが造られる予定ですよね。

ディズニーシーは、本当に中止になってしまったのが悲しくなるような企画ですよね。ディズニー社は1990年代前半に、Port Disney、WestCOT、Disney’s Americaなど様々なパーク案を出しますが、ディズニーランドパリを除いて全て建設されていません。

 

しかし全部とはいかないものの、このディズニーシーから東京ディズニーシーにいくつもの要素が受け継がれています。さらにディズニーカリフォルニアアドベンチャーと関連していたり、上海ディズニーランドとも関連していたりします。そしてジュールヴェルヌを基としたMysteriou Islandなどは、第1回で紹介したディスカバリーベイから受け継がれていますよね。そしてこのディズニーシーがどのようにして変化し、東京ディズニーシーとしてオープンしたのか。それはまた次のお話。

広告を非表示にする