読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

stacy's blog

ディズニーが好きな人がディズニーについて語るだけのブログ。

東京ディズニーシーへの道のり①

みんな大好き東京ディズニーシー。このパークは世界唯一の海をテーマにしたディズニーパークであり、ストーリーや世界観などがきわめて高いレベルで作られています。その東京ディズニーシーはどのようにして作られたのかという道のりを3回に分けて紹介していきたいと思います。今回はその初回です。

皆さんはトニーバクスターという方を知っていますか?彼は元々パークのカストーディアルとして働いていたのですが、正式な社員になる時に元々作っていたローラーコースターのライドの模型を見せると、そのクオリティの高さに担当者は驚いて、採用が決まったらしいです。そしてその模型は実際にアトラクションになり、そのアトラクションは「ビックサンダーマウンテン」と呼ばれています。

f:id:stacyperry109b:20160101220313j:plain


そしてそのビックサンダーマウンテンを製作中の事、ディズニー社のお偉いさんから「ビックサンダーマウンテンの近くにスペースがあるのだが、そこに新しいテーマランドを作ってくれないか」と尋ねられます。トニーはこれを承諾し、新しい企画が始まります。そして現在製作中のビックサンダーマウンテンと関連したストーリーのテーマランドを作りたいとして、「この鉱山の金が本物で、そこで億万長者となった人はどのような都市を作るだろうか」というアイデアを思いつきます。そしてどんどんストーリーがふくらんでいったのでした...

1849年、ゴールドラッシュのピークの時、ジェイソン・チャンドラー(Jason Chandler)という人がビックサンダー地区へ移住してきました。彼はドリリングマシーンを使って沢山の金を探し出して来ました。そして今回のビックサンダー地区へと移ってきたのですが、ここの鉱山は金脈がかなり奥深くにある事が特徴で、金をの近くまでドリリングマシーンを動かそうとし、地球の中心まで掘り進めてしまいました。そしてこれにより大規模な地震が起き、鉱山の中に入っていた大勢の労働者を死なせてしまいました。そして彼は、金を探すために大勢の命を犠牲にしてしまった事を反省し、これからは人々のためにお金を使おうとし、カリフォルニアに「ディスカバリーベイ」という名の都市を作ろうと決意したのでした。(このストーリーはマーベルコミック発刊のDisney Kingdoms: Big Thunder Mountainで語られてるらしいんですけど、読んだことないのでこのお話間違ってるかもです。)

そしてそのディスカバリーベイは、スチームパンクという世界観で造られています。スチームパンクとは蒸気機関など昔のテクノロジーで造られた未来の世界であり、昔の人々が想像した未来の世界なので現在の様子とは大きく違っており、レトロな雰囲気があるのが特徴です(説明下手なのは自覚してる)。

f:id:stacyperry109b:20160101220138j:plain


そして題材となったのは、ジュールヴェルヌの小説を基として造られた映画である「海底2万マイル」そして「地球の頂上の島」。どちらもスチームパンクをテーマとした作品ですね。そして写真のコンセプトアートを見てみると、映画の中に登場する潜水艦や、巨大な飛行船が見て取れます。あれ、あの潜水艦をどこかで見かけたような...。

f:id:stacyperry109b:20160101220124j:plain


こうして計画されていったディスカバリーベイですが、基となる映画の「地球の頂上の島」が興行的にコケてしまったので、このディスカバリーベイ計画自体が中止されてしまいます。しかしこのディスカバリーベイの要素は他の構想に受け継がれることとなります。それはまた次のお話。

 

広告を非表示にする