stacy's blog

ディズニーが好きな人がディズニーについて語るだけのブログ。

Tokyo Disneyland's The Enchanted Tiki Room scripts and quotes

English scripts and quotes of Tokyo Disneyland's attraction "The Enchanted Tiki Room: Stitch Presents Aloha e Komo Mai!". These are translated from this Japanese scripts.

f:id:stacyperry109b:20170430002746j:plain

Cast:Aloha! I'd like to introduce four wonderful birds with amazing voices. Came from Hawaii, "Birds of Paradise"! Introducing "Manu"!

Manu:Aloha Aloha e'

Cast:Mahina!

Mahina:Amaike Aloha e'

Cast:Waha Nui

Waha Nui:Aloha Aloha e'

Cast:And, Hau'oli!

Hau'oli:Amaike Aloha e' Ahinue Kehemai, welcome to The Enchanted Tiki Room!

There's no place I'd rather be, then on my surfboard out at sea

Lingering in the ocean blue, and If I had one wish come true

I'd surf till the sun sets, beyond the horizons

A wiki wiki mai lohi lohi Lawe mai I ko papa he'e nalu

Flyin by on the Hawaiian roller coaster ride!

Waha Nui:Hey! Who turned off the light!

Mahina:What i shappening?

Hau'oli:Calm down, everyone!

Manu:Where's th eswitch!?

Hau'oli:Look! SOmething is painted on the windows!

Waha Nui:What is that? Is it pretented as a dog?

Hau'oli:This painting...might be done by gods of Tiki.

Manu:Then, that doggy is Big Kahuna!

Mahina:Big Kahuna?

Manu:He's the leader of gods of Tiki! If we get mad Big Kahuna, We have no idea what will happens next!

Mahina:Don't worry Manu, look! Aloha E Komomai, that means "Hello" and "Welcome"!

Hau'oli:Interesting. The next song's titile is Aloha E Komomai too!

Manu:How did he find it out?

Mahina:Well, gods of Tiki might see anythiing?

I lai la Ua i la No mala hini ohana Welcome cousins, e komo mai Aloha e komo mai

Mahina:Oh when you're down, you're feeling low Got nobody by your side It can be lonely and you want to only Find a place, no need to hide Just lay back you'll fit right in You can make it all come true 'Cause there's always hope inside And hope will see you through

Waha Nui:Everybody!

Mahina:I lai la Ua i la No mala hini ohana Welcome cousins, e komo mai Aloha e komo mai

Hau'oli:Well, it seems gods of Tiki really liked our song.

Waha Nui:Haha, they look like a stupid gods!

Manu:Stop, Waha Nui! Don't say anything that leads to mad Big Kahuna!

Waha Nui:Don't worry, Manu! It's Kahuna Matata! Now, let's enjoy with this song now! C'mon Ladies!

Hau'oli:Calm down, Waha Nui.

Waha Nui:Calm down!? It's ruining our song!

Mahina:Yeah, but...

Manu:It would be bad if Big Kahuna got mad!

Waha Nui:What could be bad! Now, look! Hey! Stop it! Enough! See? Big Kahuna is nothing for us!

Hau'oli:That suprising noise made my hair exit!

Mahina:Are you OK, Waha Nui?

Waha Nui:Yeah, I thought I produced eggs because of that sound.

Manu:Now you found out that it's bad to made Big Kahuna mad!

Waha Nui:Well then, now it's your turn.

Manu:Okay, here we go. This song features my cuties that I met at the beac of Waikiki!Please welcome, "Wing Wahine"!

Oneka Fuwa Wiki Wiki The ove is starting At the beach of Waikiki, the place where we met

Hau'oli:Cuties! What's that blue thing on your head!

Wing Wahine:Can't you see?  It's ears! Blue tiny one put on!

Waha Nui:She said blue tiny one! It doesn't seem like Big Kahuna, huh?

Manu:Cuties, don't be mad. Well, it might be worse than just ears!

Wing Wahine:What do you mean?

Manu:Ah, hey! You might be blue from top to tail!

Wing Wahine:Oh! That's enough! I'm leaving!

Manu:Hey, wait! Won't you sing with me till the last part?

Wing Wahine:Not until that blue tiny one left! Maybe next time, we'll be at Waikiki.

Mahina:Well, now what do you do Manu?

Manu:If only I could go to the beach of Waikiki...

Waha Nui:That's enough! Who is playing prank on us! Come out!

?:I am not playig pranks.

Manu:Oh,boy! Finally Big Kahuna got mad at us!

Hau'oli:Wh, wh, who are you!

?:Everyone's singing. Me, singing too. Enchanted, Tiki Tiki room. I am Big Kahuna!

Hau'oli:Big Kahuna, itis you...

Stitch:No! I'm Stitch!

Waha Nui:Stitch!? Why are you ruining our show!

Stitch:Stitch, want to be in the show!

Mahina:Then, you should tell us in the first place,Stitch.

Stitch:That's boring

Hau'oli:Hey, Stitch. If I said we'll get you in the show, you won't play pranks on us?

Stitch:Stitch, will be GOOD in the show. Can I be in the show?

Guest:Of course!

Stitch:Okay! Tooki ba waba!

Now you can see, tookie ba waba, nothing but these clear blue skies

Love it has found you, and when it surrounds you. It's just like paradise!

Now the door has swung wide open, now your heart has taken wings

Feel that magic in the air, oh hear your spirit sing

Stitch:Stitch, I'm with friend, happy!

Mahina:Oh, Stitch. We're also happy to sing with you!

Stitch:Are you my Ohana?

Manu:Ohana means family. Guys, do you wanna be Ohana of Stitch?

Guest:Yes!

Mahina:We're all wanna be your Ohana.

Waha Nui:Only if you're GOOD, huh?

Stitch:Stitch, happy!

Iki tooki nee ha Aka tiki baba Gaba ika tasooba Oocha Chika Miki miki coconut!

I lai la Ua i la No mala hini ohana Welcome cousins, e komo mai Aloha e komo mai

Stitch:Icky icky bo bo

Aloha e komo mai

Stitch:Tooki ba waba!

Aloha e komo mai

Stitch:We're all Ohana!

Hau'oli:Well, did you guys enjoy our show?

Mahina:Hope to see you soon!

Manu:Thanks for coming everyone!

Waha Nui:Anyway Manu, now it's clear that such Big Kahuna doesn't exist.

Hau'oli:And also, don't go against with tiny blue doggy.

Waha Nui:Huh, that tiny blue one is nothing! Wait, what's happening!

Mahina:What's wrong, Waha Nui?

Waha Nui:My, legs are stucked by a glue with a branch!

Hau'oli:Wait, who on the earth do that?

All:Stitch!

Stitch:(laugh)

魅惑のチキルーム 歌詞・セリフまとめ

東京ディズニーランドのアトラクション、「魅惑のチキルーム:スティッチ・プレゼンツ “アロハ・エ・コモ・マイ!”」のセリフ・歌詞まとめ。それにしても、これ通常版に戻すつもりかけらも無いよね、これはこれで大好きだけど。

f:id:stacyperry109b:20170430002746j:plain

キャスト:アローハ!素敵な歌声を披露してくれる、4羽の鳥たちをご紹介しましょう。ハワイからやって来た、バーズ・オブ・パラダイス。まずは、マヌ!

マヌ:アローハアロハエー

キャスト:マヒナ!

マヒナ:アマイケアロハエー

キャスト:ワハヌイ

ワハヌイ:アローハアロハエー

キャスト:そして、ハウオリ!

ハウオリ:アマイケアロハエー!アヒヌエケヘマイ、魅惑のチキルームへようこそ!

サーフボードの上に降り注ぐ日差し

青い海光るいつも夢見てる

夕暮れまで波に乗るんだ

アウィキウィキマイロヒロリラウェマイカパイナウ

とんでゆくよハワイアンローラーコースターライド!

ワハヌイ:誰だ!明かりを消したのは!

マヒナ:どうしたのかしら?

ハウオリ:みんな落ち着け!

マヌ:スイッチどこ!?

ハウオリ:おい!窓に何か書いてあるぞ!

ワハヌイ:何だあれ?犬のつもりか?

ハウオリ:この落書きは...おそらくチキの神様の仕業だ。

マヌ:だとすると、あのワンちゃんはビッグ・カフーナだ!

マヒナ:ビッグ・カフーナ?

マヌ:チキの神様たちのリーダーだよ!ビッグ・カフーナを怒らせたら取り返しがつかないことになる!

マヒナ:大丈夫よマヌ、よく見て。アロハエコモマイ、こんにちはようこそって書いてあるわ。

ハウオリ:面白い、次の曲のタイトルがちょうどアロハエコモマイだ。

マヌ:どうして分かったんだろう?

マヒナ:そうね、チキの神様は何でもお見通しってことかしら?

イライラオカウアイラ ノマリヒニオハナ ウェルカムカズンズエコモマイ アロハエコモマイ

マヒナ:寂しくて落ち込んで元気でない時 どんなに心細くても隠れなくていい どっしり構えていれば、きっと大丈夫 希望さえあれば道は開ける アロハおうちを見つけよう オハナ家族をつくろう 楽しく暮らそう!

ワハヌイ:Everybody!

マヒナ:イライラオカウアイラ ノマリヒニオハナ ウェルカムカズンズエコモマイ アロハエコモマイ アロハエコモマイ アロハエコモマイ

ハウオリ:チキの神様たちは少し盛り上がりすぎたみたいだな

ワハヌイ:はは、全く調子外れな奴らだぜ

マヌ:ちょっとワハヌイ!ビッグ・カフーナを怒らせるようなこと言わないでよ!

ワハヌイ:心配すんなって、マヌ!カフーナ・マタタ!よし、次はこの曲で盛り上がろうぜ!C'mon Ladies!

ハウオリ:ワハヌイ、落ち着けよ。

ワハヌイ:落ち着け!?俺たちの歌が台無しにされてるんだぞ!?

マヒナ:それはそうだけど...

マヌ:ビッグ・カフーナを怒らせたらまずいよ!

ワハヌイ:まずいもんか!いいか、よーく見とけ!おい!やめるんだ!いい加減にしろ!どうだ、ビッグ・カフーナなんてチョロいもんよ!

ハウオリ:びっくりして羽が抜けるかと思った。

マヒナ:ワハヌイ、大丈夫?

ワハヌイ:ああ、びっくりして卵を産んじまうかと思ったよ。

マヌ:ビッグ・カフーナを怒らせたらそうなるか、これで分かったでしょ!

ワハヌイ:そうかい、じゃあ次はお前さんがやって見な。

マヌ:オーケー。それじゃあ行ってみよう。僕と一緒に歌ってくれるのは、ワイキキの浜辺で出会ったかわい子ちゃん達!ウイング・ワヒネのみなさんです!

オネカフワウィキウィキ 恋の始まり あなたと過ごしたワイキキの浜辺

ハウオリ:君たち!頭につけてる青いのは何だい?

ウイング・ワヒネ:何って、耳よ。上で青くて小ちゃい奴に付けられたの!

ワハヌイ:青くて小ちゃい奴だってさ。ビッグ・カフーナじゃないぜ。

マヌ:かわい子ちゃん達、そんなに怒らないで。耳ぐらいで済んで良かったよ。

ウイング・ワヒネ:どういう意味? マヌ:あー、ほら。羽の先まで真っ青にされてたかも!

ウイング・ワヒネ:わぁ!もう嫌!私帰る!

マヌ:あー、待ってよ!最後まで一緒に歌ってくれないの?

ウイング・ワヒネ:あの青くて小ちゃい奴がいなくなるまでは無理ね!また今度にしてちょうだい!私達ならワイキキにいるから

マヒナ:まあ、どうするの、マヌ?

マヌ:飛んでいこうかなワイキキの浜辺

ワハヌイ:もう沢山だ!誰なんだ、イタズラしてる奴は!出てこい!

?:ボク、イタズラしてない

マヌ:どうしよう、とうとうビッグ・カフーナを怒らせちゃったみたい!

ハウオリ:だ、だ、誰だ、お前は!

?:みんな、歌う 僕も歌う 楽しい、チキチキルーム 僕は、ビッグ・カフーナ!

ハウオリ:ビッグ・カフーナ、本当にあなたなんですね...

スティッチ:違う、僕スティッチ!

ワハヌイ:スティッチ!?何で俺たちの邪魔をするんだ!

スティッチ:スティッチ、ショー出たい!

マヒナ:だったら初めからそういえば良かったのよ、スティッチ

スティッチ:それじゃあ、つまんない

ハウオリ:ねえ、スティッチ。もし君をショーに出してあげるって言ったらもうイタズラしないかい?

スティッチ:スティッチ、ショー出たらイイコになる。みんな、スティッチ、出てもいい?

ゲスト:いいよー!*1

スティッチ:オーケー!トゥキバワバ

ほら見て、トゥキバワバ 果てしない空 愛が君を包んでる まるでパラダイス!

大きな翼を広げ飛び出せ 心の歌が聴こえてくる アロハ見つかるさすぐに オハナみんな家族だよ ひとりじゃない!

スティッチ:スティッチ、みんなと一緒、嬉しい

マヒナ:あらスティッチ、私たちもあなたと一緒に歌えて嬉しいわ

スティッチ:みんな僕のオハナ?

マヌ:オハナは家族。みんな、スティッチのオハナになりたい?

ゲスト:なりたーい!*2

マヒナ:私たちみーんな、あなたのオハナになりたいわ。

ワハヌイ:お前がイイコでいれば、だけどな。

スティッチ:スティッチ、嬉しい!

イキトゥキ二ーハ イキトゥキ二ーハ アカティテバーバー アカティテバーバー ガバイカタスパー ガバイカタスパー ウチャ!ウチャ!チカ!チカ! ミキミキココナッ!

いつも一緒それがオハナ ひとつの家族大きな家族 スティッチ:マカマカ! 小さな胸にアロハの心 優しくなれる誰もがオハナ

スティッチ:イキイキボーボー!

アロハ・エ・コモ・マイ

スティッチ:トゥキ・バ・ワバ!

アロハエコモマイ

スティッチ:みんなオハナ!

ハウオリ:さて、ショーは楽しんでもらえたかな

マヒナ:また会いましょうね

マヌ:みんな、今日は来てくれてありがとう!

ワハヌイ:ところでマヌ、これではっきりしたな。ビッグ・カフーナなんていないって。

ハウオリ:それと、青くて小ちゃいワンちゃんには逆らわない方が良いってこともね。

ワハヌイ:へっ、青くて小ちゃいあんな奴、どうってことない!あれ、どうなってるんだ!

マヒナ:どうしたの、ワハヌイ?

ワハヌイ:あっ、足が、のりでくっついて、止まり木から離れない!

ハウオリ:おいおい、そんな事するのは一体誰だい?

全員:スティッチ!

スティッチ:(笑い声)

*1:みんなで「いいよー!」っていうコンセプトなんだけど、実質キャストさんしか「いいよー!」って言ってないっていうあれ。

*2:実質キャストさんしか「なりたーい!」って言って(ry

POPSRING 2017の思い出

考えてみたら、サブリナ&サラ・カーペンターの来日全体についてはブログ記事を書いたものの、サブリナの出演したPOPSPRINGについては何も記事を書いてないなーと思い、行ってから1ヶ月経って記憶もうっすらになってきたけど、来年に行く人のために(もしかしたら自分も行くかもしれないし)イベント自体の思い出を書いてみますね。何せ今回が初参戦だったし思い出がたくさんなのです。

GOLDはいいぞ

ポップスプリングでのチケットは通常版とGOLDチケットの2種類。だいたいGOLDが通常の2倍ぐらいの値段。今回はひたすら悩んだ挙句GOLDにしたんだけど、GOLDはやっぱり楽だった。主なGOLDの利点は、専用観覧スペース、クローク無料、専用トイレ。この専用観覧スペースがとってもたすかる。普通の観覧スペースだと、トイレとか何かで一回抜けると、すっごい後ろの方まで人が埋まってるから全然見えなくなりそうだけど、GOLDエリアだと少し高台とかもあるし、ステージに近いのに空いてるスペースが結構あるからトイレ行き放題、休憩し放題。まあ本当に最前に行こうとすると戦争になるのは通常のもGOLDも変わらないので、そういうのは頑張ってください。僕はその間休憩してます。

こういう大規模なフェスに行ったのって初めてだから知らなかったんだけど、クロークって大きな袋に荷物を入れて、机の上で置いてくれてるだけなんだね。通常チケットだとこれが追加1000円だから、損した気分。(GOLDもその分の値段が入ってるんだけど、まあ気持ちの問題)

専用トイレは全く機能してなかった。これは幕張メッセ自体の問題だと思う。普通のトイレも専用トイレも大行列。まあ、女性用だけだけどね。男性用は全く並んでなかったので超快適。It's good to be a boy! 

幕張って迷わない?

そういや言ってなかったね。行ったのは幕張メッセだったんだけどさ、僕だけ?幕張って結構道が複雑じゃない?

海浜幕張駅からPOPSPRINGの会場だった幕張メッセまで距離は無いはずだから道を調べるとか一切しなかったんだけど、幕張メッセ自体が想像以上に大きくって、いくつものホールがあるから、行くホールの数字を覚えておかないと迷うって。急いでたこともあって、間違えて違うホールでやってたチアリーディングのコンテストに行くところだったよ。行かなかったけど。人の流れに付いて行こうっていうのは危険かもしれないので、道はちゃんと確認しておこうね。

服装が難しい

イベント会場は人混みで暑いから服装は半袖とかで行こう!とか言ってたけど、一旦冷静になろう、春休みはまだまだ寒いんだ。確かに人混みは暑いから半袖でもいいかもしれないけど、ご飯を食べる時とかは屋外に行かなきゃいけないから寒いよ。夜とか普通に極寒だから上着は絶対に必要だし、全部上着をクロークに預けちゃって寒いとか普通にあり得たので、あんまり軽装すぎるのはやめたほうがいいと思う。まあ本当に最前に行こうとすると戦争になって人混みで超暑いだろうから、そういうのは頑張ってください。

タイムテーブルを鵜呑みにしちゃだめ

こういった大規模なライブ、しかも色んなアーティストが登場するフェスでは機材トラブルがつきもの。それはしょうがない。でもそういった機材トラブルでタイムスケジュールがぐっちゃぐちゃになって時間がすごい押すっていうのはどうなのさー。まだPOPSPRINGも2回目だったから時間が読みづらかったっていうのはあるだろうけど、初っ端のジョーダン・フィッシャーのところで機材トラブルがあったからその後ずっと時間押してたからね?まあ、そのうちこれは改善されるでしょう。頑張れPOPSPRING。

 

あと最後に!実はPOPSPRINGって写真・動画撮影は禁止で、まあ一切機能していないルールだけど、一応覚えておいたほうがいいかも。自撮りとかのみOKでアーティストの写真はアウトらしい。まあ撮っちゃったものはしょうがない←

さぶさん可愛いよぉー!

f:id:stacyperry109b:20170427185951j:plain

f:id:stacyperry109b:20170329184522j:plain

広告を非表示にする

上海ディズニーランドに行ってきたよ!

上海ディズニーランドに行ってきたよ!本当に楽しいディズニーパークだった!

f:id:stacyperry109b:20170406211726j:plain

さて、このブログのテーマな事は「ニッチな事を扱う」でしてね。上海ディズニー旅行記みたいなものを調べると沢山出てくるのね。だからそういう事は他の人が書いてるから別に、行ったところを一々書くのも別に良いかなって。なので、今回は上海ディズニーについて感じた事を色々海外ディズニーオタク的に書いて行きますね。

東京ディズニーランドに帰れない

上海ディズニーに行くことになったキッカケは一足先に上海に行ってきてた友達から凄くオススメされたから。それでその人と東京ディズニーランドに行ったんだけど、彼女いわく「もう東京のカリブには乗れない」だって。それを聞いた時、まだ上海に行ったことのない僕からすれば、なんで?東京のカリブ楽しいじゃん。沢山のオーディオアニマトロニクスに、演出もカッコいいじゃん!はい、もう今となってはそれが言えないです。

上海のアトラクションで凄いと言われるトップ2のカリブの海賊 - バトル・フォー・サンケン・トレジャー- と、トロン ライトサイクル・パワー・ラン。その2つが特に凄すぎて、ディズニーが持つ全ての技術をつぎ込んだ最高のアトラクション。カリブの海賊は、ボートの仕組みをガラッと変えて前にも後ろにも横にも、それもスピードを変えて動かすことができるから全く退屈せずに、見たいシーンだけを体験できる。トロンは、プログラムの世界という独特な「トロン:レガシー」の世界を完全再現。独特な乗り物に、奇抜なデザインの建物、そして安全案内のビデオの綺麗なトロンの世界の女の人。「スペーストラベラーの皆さん、ようこそ」のお兄さんが不憫に見えてくる。

トゥモローランドの未来感は凄い。正直そこまで広くはないんだけど、建物の雰囲気とか地面の感じがすごく映画トゥモローランドっぽい。エントランスからトゥモローランドに向かうと、左側一面が広場みたいな何もないところで、その先に未来感のあるエリアがあるからすごく映画トゥモローランド。小麦畑だったら良かったな...。あとジェット・パックっていうアトラクションも名前からして映画トゥモローランドだし、アナウンスの声が少女の声みたいでとても映画トゥモローランドのアテナ。どうせならラフィー・キャシディーにアナウンス頼んで欲しかったな!っていうわがまま笑

f:id:stacyperry109b:20170406223324j:plain

 

規模の大きさ

何よりリゾートの規模がでかい。パークの大きさがただでさえ大きい(ディズニー・アニマル・キングダムに次ぐ広さ)なのに、パークから出た先に巨大な湖があって、その他にウィッシング・スター・パークっていう地元の人用の公園があって、ディズニータウンっていうショッピングエリアも中々な広さ。

ここまでの広さを確保するには、本当に周りに何もないところに作る必要があるけど、実は上海ディズニーリゾートの周りは工業地帯になってて結構建物が多いのね。やっぱりこれは中国ならではよね。政府の力が強いから、どこに何を作るか政府が決めて、そのおかげでディズニーがたくさんの土地を、都心からそう遠くない場所にゲットできるっていうのは。おかげで第2パークも第3パークも作れるほどの土地が既に存在してるという強さ。これは東京ディズニーリゾートには無い強みよね。

ウォルトさんの壁

ウォルトさんが60年前に作り上げたものの存在がでかすぎたね。「ディズニーランド」というものの前提を作り上げただけあって、その後マジック・キングダム、東京ディズニーランド、ディズニーランド・パーク(パリ)、香港ディズニーランドと枠みたいなものはずっと受け継がれていった感じよね。入り口に古き良きアメリカを再現したエリア(メインストリートUSA、ワールドバザール)、左にアドベンチャーランドにフロンティアランド(ウエスタンランド)、奥にファンタジーランドがあって右にトゥモローランドがある。それが完璧なディズニーランドの形だということでその枠の中で何かを変えたり、付け足したりしたわけ。

でも時代の変化と共に、海外のディズニーランドに行くという旅行者が増えてきた。昔は海外に行くのが大変だったからその国のディズニーランドにしか行けなかったけど、色々なところを回る人(That's me!)にとっては、どこも同じに見えてきちゃう。そこで上海ディズニーランドはその枠を取り外して、他のディズニーランドとは一味もふた味も違う、独自性満載のディズニーランドに大変身!

さて、どうしよう

さあ、上海ディズニーランドが凄すぎたおかげで東京ディズニーランドが年代物のように見えてしまった。#ThanksShanghai

ということで上海が完璧すぎて、それを当たり前のように感じた中国人が東京ディズニーランドに来て、果たして楽しめるのだろうか...。東京ディズニーシーは上海に対抗できると思うけど、今の東京ディズニーランドだとどう見ても負けるよね。ということで全てはこれにかかってるぞ。東京ディズニーランド頑張れ!!

 あとこれもね!

ディセンダント2へとつながるスピンオフ作品たち -その2-

ディセンダント2の放送がアメリカでは2017年夏に決まり、だんだんと近づいて来ましたね!という事で、ディセンダント2公開までに出る予定のスピンオフアニメ、小説の紹介!前半(キケンな世界シーズン1以前)はこちらをどうぞ。 

School of Secrets: CJ's Treasure Chase

キケンな世界 第18話で初登場した、フック船長の娘CJ。ひょんなことからオラドンに来たCJは魔法の地図を頼りに、オラドンに隠されている財宝を求めて旅に出るが、いくつもの困難が海賊の娘CJを追い詰める。

School of Secrets: CJ's Treasure Chase (Disney Descendants)

School of Secrets: CJ's Treasure Chase (Disney Descendants)

 

 School of Secrets: Freddie's Shadow Cards

ファシリエの娘フレディは学校のアカペラグループに入りたいが、どうもうまくいかない。そこでフレディは黒魔術という禁断の手段に出てしまうが、もちろん大騒動を巻き起こしてしまい...

School of Secrets: Freddie's Shadow Cards (Disney Descendants)

School of Secrets: Freddie's Shadow Cards (Disney Descendants)

 

ディセンダント キケンな世界 (第19話-第33話) (Descendants: Wicked World (Episode 19-Episode 33))

シーズン2に突入した「ディセンダント キケンな世界」。マルがマレフィセントの盗んだ宝石を取り返すためにロスト島に戻ると、謎の人物の呪いにかかり悪に染まってしまう。その謎の人物とは、なんとイズマの息子であるゼイボンで、彼はオラドンを手に入れようと、魔法の宝石の力を使いマルたちを追い詰める...。

 

School of Secrets: Ally's Mad Mystery

母親に不思議の国のアリスを持つアリーは不思議なことが大好き。ある時、学校に"不思議"な事が多発し、祭りが開催できなくなってしまいそうになる。アリーは事件の裏側を調べ始める。

School of Secrets: Ally's Mad Mystery (Disney Descendants)

School of Secrets: Ally's Mad Mystery (Disney Descendants)

 

Rise of the Isle of the Lost

強力な魔法を持つ、トリトン王の剣が波によってロスト島近くの海底へと流されてしまう。もしロスト島の住人、特に最大のライバルであるアースラの娘ウマにこの剣が渡ると危険だと考えたマル達は剣の捜索に向かう。しかしウマはフック船長の息子でCJの兄ハリーと、ガストンの息子ギルというロスト島のならず者の海賊を連れて出る。

ウマ、ハリー、ギルのディセンダント2で活躍するキャラクターとマル達の対決ってことで、ディセンダント2とかなり結びついて来そう。Isle of the Lostの1作目が映画ディセンダントの前日譚として出たように、これもディセンダント2の良い前日譚になってくれそうな予感。

Rise of the Isle of the Lost: A Descendants Novel (The Descendants)

Rise of the Isle of the Lost: A Descendants Novel (The Descendants)

 

ディセンダント2

アメリカでは2017年夏放送なディセンダント2。マル達4人の装いも新たになり、そして最高にクールなロスト島の海賊達。予告も色々と出て来てますよ。

f:id:stacyperry109b:20170331000631j:plain

f:id:stacyperry109b:20170331001315p:plain

 

ティーザー予告には「マル達がついにロスト島に帰る!」みたいな言い方されてるけど、スピンオフ内では映画ディセンダントの後で少なくとも3回はロスト島に帰ってるので、もはや単なる里帰りレベルだと思う。その内訳としては、お呼ばれされたから、ジョーダンのランプで間違って、宝石を取るためですね。

「Rebels」の動画で聞こえる音楽はリトル・マーメイドでアースラが歌ってる「Poor Unfortunate Souls」だよね。多分ウマ役のチャイナが歌ってるから、前作の「Be Our Guest」みたいなディズニーソング枠かぁ。いいねぇ。

 

 

ということでディセンダント2の公開までまだ時間があるので(日本放送の日程決まってないし)、スピンオフのアニメ・小説を追っかけて見るのもアリだと思うよ。

サブリナ&サラ・カーペンター来日祭り

祭りじゃ祭りじゃー!

f:id:stacyperry109b:20170323224216j:plain

 

サブリナ・カーペンターとサラ・カーペンター、待望の初来日ですよ!どれぐらい待望だったかと言うと...

 2年前にこう叫ぶぐらいには待望だった。

来日までの経緯

2017年2月25日に幕張、26日に神戸で行われるPOPSPRINGにでパフォーマンスすることとなったサブリナ。ではまず今回の来日の経緯のおさらい。

1. ユニバーサルが後押し

来日と合わせてなのか、サブリナがユニバーサル所属になることが発表。そこで日本版サイトが出来たものの、公式Twitterがなぜか出来ない。作ろうよ!Jordan Fisher JPは頑張ってるぞ!?

 2. 来日発表&本人メッセージ

Sabちゃん!可愛いよSabちゃん

 3. ディズニージャパンが本気

本気と書いてマジと読む。

本当に、こんなに本気なのマイア・ミッチェル来日以来じゃない?あれっていつ?2015年7月だって?そんな昔なわけないだろ冗談はやめてくれよ...

ごめんなさい、マイア来日の記憶が走馬灯のように蘇ってきちゃって...脱線したね。GMWのノートとか、こんなのあるなら売ってよね!言い値で買うよ!その調子でGMWグッズをたくさん作って、そしてMastering Middle Schoolの邦訳もお願いしますよ!

 ついに来日!

 POPSPRING公演の前日となる3月25日、ついに二人が羽田空港に到着!あのサブリナとサラが!ついに日本の地に!この時は用事で空港に迎えなかったんだけど、用事を放棄して向かうべきだったのかなぁ...とちょっぴり今でも後悔が残ってるけれども!次の日のPOPSPRINGでそんな細かい気持ちは吹き飛んだよ!!

POPSPRING ディズニーチャンネルブース

POPSPRINGは2月25日に幕張、26日に神戸で行われて、自分は幕張の方の公演に行って来たよ!目的はもちろんサブリナ!(とジョーダン・フィッシャーとDNCEとフィフス・ハーモニーとガールミーツワールドなノート)

まず真っ先に向かったのはもちろんディズニーチャンネルブース!ドラマとかの小道具があって、本気で1日中過ごせると思った。人が多すぎて、すぐに出なきゃいけなかったのが本当に残念!写真撮った中でとっておきのやつ載せるね!

f:id:stacyperry109b:20170329182822j:plain

このポテトがあるっていうので、ディズニーチャンネルは本当にファンの好みがわかってる感ある。最高じゃ無いですか〜!!

f:id:stacyperry109b:20170329182749j:plain

f:id:stacyperry109b:20170329182924j:plain

ジョーイのメガネとか凄く誰得な感じがあって最高。stacy得です!

f:id:stacyperry109b:20170329183017j:plain

f:id:stacyperry109b:20170329183059j:plain

ブレイディがとっても字がキレイでびっくり。撮ってから気づいたけど、横にあるのSave the Beachのミサンガだ!

f:id:stacyperry109b:20170329183134j:plain

ガールミーツワールドなノートも無事に入手!ノート狙いの人が多すぎて、無くなるんじゃ無いかって本当にビクビクしてた。にしてもさ、日本初の独自なガールミーツワールドのグッズが非売品っておかしく無い?売ろうよディズニーストアとかで!こんなにちゃんとしてるノートだったら絶対売れるって言い値で買うぞこっちは!

 

このディズニーチャンネルブースに、後でサブリナとサラが訪れることになって、ご覧の通り凄い数の人。

これにはサブリナも驚いたみたいで、「すぐに戻ってくる!約束よ!」みたいな事を言ってくれたよ!戻ってくるっていうのはこの後も何回か言ってくれてて嬉しいねぇ。ただとあるローラ・マラノファンが「Soon」 という言葉ほどあてにならないものは無いって言ってて、確かにねと思ったから本当かは分からないけど、ツアーとかでまた来て欲しいよね。

POPSPRING公演!

さあ待望のサブリナ・カーペンター初の日本公演ですよ!本当もう素敵すぎたよ...サラさん素敵...サラさん... (語彙力の欠如)

f:id:stacyperry109b:20170329184517j:plain

f:id:stacyperry109b:20170329184522j:plain

f:id:stacyperry109b:20170329184527j:plain

公演リスト、いわゆるセトリは

の8曲。リンク先はその曲のYouTube動画。いやー、stacyはOn Purposeという曲が大好きでですね、On Purpose来ないかなーとずっとワクワクしながら待っていたわけですよ。そしたらラストの曲としてOn Purposeが出て来てとってもカッコよく演奏してくれて、もう本当に言うことなし!最高の来日公演でしたよ!

今回は来日期間が短かったから、あんまり街中での目撃情報は無く...

でも、渋谷にいたり、大阪のおばちゃん顔負けの服装で大阪を歩いたりはしてたみたい。本当にまた来て欲しいね。

という事で最後にサブリナのツイートの引用を。

 日本...保温便座に対して心の底から礼を言うわ

 アメリカのトイレの便座ってどれも冷たいもんね。

タワー・オブ・テラーの物語

全然ブログを更新しないのもあれだから、過去に書いたタワー・オブ・テラーの小説を載せてみようと思い。文章の表現が拙いのは知ってるけど、個人的には気に入ってる作品だったりする。ちょっぴりpixiv版より気になったところを付け足してみたから、少しは読みやすいはず。多分。ちなみにラストの写真は自分で撮ったよ。カッコいいでしょ?

行ってはならない。そのホテルは呪われているんだ。自分はこの目で呪いを見たんだ。行ってはならない...

Chapter 1 1892年1月23日

ここはニューヨーク。常に時代の最先端を行き、世界中から様々な人が集まってくる。海に面したこの街を、人々は時にアメリカンウォーターフロントと呼ぶ。そんなニューヨークの中心に今日あるホテルがオープンした。その名はホテルハイタワー。開業セレモニーはとても盛大でニューヨーク中、いや世界中から著名人が集まった。
そして、そのホテルハイタワーのオーナーは、あの有名なハリソン・ハイタワー三世だ。彼は裕福な親の元に生まれたが、成長するとすぐに親と仲違いし勘当される。そこでハイタワーは若いにもかかわらず、その時ちょうど起こっていた南北戦争を利用して富を築きあげた。その後も手段を選ばない手段を続け、今ではニューヨーク随一の大金持ちだ。そして彼は自身を冒険家と読んでいる。しかし読者の諸君が想像する「冒険家」と彼の実態は似てもよらない。なぜなら彼は世界中の宝を強奪していったのだから。ホテルハイタワーのロビーにもたくさん宝があるが、ほぼ全て強奪した物だと思われる。そして何より、傲慢で強欲だ。このホテルハイタワーも、わざわざロシアの有名な建築家であるオスカー・キルノフスキーを雇ったにも関わらず、デザインが気に入らないという理由で解雇したらしい。なんて奴だ。他にもこのホテルには様々な噂があって、ホテルの莫大な建築費はニューヨーク市民の税金から出されているという噂まである。そんな事がバレたら市民の暴動が起きるのではと思うが。

特に彼を嫌っていたのは、コーネリアス・エンディコット三世だ。ニューヨークの巨大客船S.S.コロンビア号などを所有するニューヨーク第2の富豪だ。彼とハイタワーは、祖父の代から犬猿の仲だったそうだ。
そんな敵が多いハイタワーだが、極めて頼れる執事がいた。その名はアーチボルト・スメルディング。ハイタワーが20代の頃から執事を務めていて、ハイタワーの唯一の親友とも言える。さらに頭脳明晰、戦略家であり20ヶ国語以上を話せるためハイタワーの強い味方である。ダブルエイチ・ピリオディカル社という出版社から出ている「ハイタワー三世真実の冒険物語」という雑誌を書いているのも彼らしい。ちなみにこの本は、ハイタワーを英雄として描いていて、真実でも何でも無く作り話であるという意見が強い。
おっと、私とした事が自己紹介を忘れていた。私はマンフレッド・ストラング。ニューヨーク・グローブ通信という新聞社で働いている。オーナーは先程紹介したエンディコットだ。そのため、時折ハイタワーの事を貶す記事を書けとの命令がよく来る。それ故ハイタワーに関してこんなに詳しくなった。もっと他の記事を担当したいのだが...。
失礼、少し愚痴が混じってしまった。続いてホテルハイタワーについてだが、元々ハイタワーの邸宅だった物を大幅に増築した物で、ハイタワーの偉大さを示しており、「美・力・気品・卓越性」の全てを具現化している。このホテルは大邸宅、グレートタワー、カリフスタワー、インディアンタワー、庭園の5つに分けられており、一番高い所は59メートルである。ロビーには1875年から1888年までの13年間の冒険について描かれた絵があり、イースター島や地中海沿岸、日本やロストリバーデルタへ行った時について描けれている。但し、これらは実際の冒険をかなり美化してある。
そして庭園は瞑想の庭園とインドの庭園があり、様々な像が設置されている。
他にも舞踏室や図書館、プールなど世界中の人に喜んでもらえる様に様々な施設がある。宿泊費は極めて高額だが、予約が埋まるほど繁盛した。
ハイタワー三世は、この時期に栄華を極めた。しかしどんなものにも終わりが来る。そのためには、ハイタワーのコンゴ遠征を説明しなくては。

Chapter 2 1899年夏

1899年の夏にハイタワー達はアフリカのコンゴ川流域に行った。しかしこの旅は、ハイタワーが今まで経験してきた旅の中でも極めて過酷なものだった。恐ろしい程の熱気と湿気と虫の大群、さらに原住民の攻撃などにより、最初は30人だったメンバーも大きく減ってしまった。それでもまだ、ハイタワーのコレクションに入れる事が出来るような財宝に出会っていなかったため、皆引き返そうと言い出した。しかしハイタワーは「成功というのは失敗の中から生まれてくる」と言い張り、決して諦めなかった。

しかし彼らにさらなるピンチが訪れる。カヌーで上流を目指していた時に、原住民の部族がカヌーを攻撃してきた。矢や槍が大量に降ってきて、危うく追いつかれるという時に相手が急に攻撃を止め、一目散に逃げ帰った。一同は疑問に思ったが、すぐに通訳が説明をした。どうやらここは黒魔術を使うとされ、他の部族からも恐れられているムトゥンドゥ族が暮らす場所だったらしい。ちなみにムトゥンドゥとはこの地域の言葉で災いという意味である。どれほどこの部族が恐れられていたか分かるだろう。

恐る恐るハイタワー達は村の中へ入り、ムトゥンドゥ族と会った。すると意外なことに彼らはかなり友好的で、歓迎の宴を開いてくれた。そこで酋長のキジャンジはハイタワーに対し、この村はシリキ・ウトゥンドゥという偶像によって守られていると話した。

300年ほど前の呪術師が作ったとされる偶像で、作った本人の遺骨が入っている。但し、この偶像は段階を経て作られているため、武器や台座は後から取り付けられている。この偶像を持つ部族には、始めは幸せが訪れるが徐々に災難が襲い、最悪の場合には部族全体が丸ごと消えるとされている。さらに偶像を扱う上でいくつかの掟があり、それらを一つでも破るとシリキ・ウトゥンドゥの怒りに触れ、恐ろしい呪いが襲いかかるという。その掟とは、

・偶像を敬う事。

・火を近づけない事。

・包まない事。

・埋葬したり小さな建物の中に置いたりしない事。

・常に屋外に置き、雨を避け、決して完全に囲ってはならない事。

・偶像を置き去りにしたり、捨てたり、人にあげたりしてはならない事。

・そして何より、恐れる事。

そして、ムトゥンドゥ族はこの掟を守ろうとし、一切火を使わなかったという。

一目見て心を奪われたハイタワーは偶像を手に取り、記念写真を撮った。すると、この偶像が欲しくてたまらなくなり、輝くビーズやナイフ、自分の杖と交換しようと持ちかけたが拒否された。そこでハイタワーはいつもと同じ様に武力で強奪しようとした。しかし22人しかいないハイタワーに対し、ムトゥンドゥ族は300人近くいる。厳しい戦闘になると身構えたが、相手は一向に襲ってこない。ハイタワーがシリキ・ウトゥンドゥを手に取っても全く襲ってこず、そのまま持ち去る事が出来た。

一行が村を出ると、ムトゥンドゥ族の大きな笑い声が聞こえた。何故守り神を取られたにも関わらず笑っているのか。不思議に思ったが、この像を他の部族に見せると彼らは一目散に逃げたため、疑問は段々と消え、安心へと変わっていった。

ここで先ほどのシリキ・ウトゥンドゥに関する掟についてもう一度見てみよう。偶像を他人に譲渡する事は掟に反している。しかし強奪された場合には掟に触れていないので、ハイタワーに強奪してもらう様に仕向けたのである。しかしシリキ・ウトゥンドゥはそれもお見通しなのか。この直後にムトゥンドゥ族は他部族から攻撃を受け、ほぼ全滅したそうだ。

この後にハイタワー一向はジャングルの中で謎の男に出会った。その男は偶像をひどく恐れており、先ほどの掟と「偶像の目に気をつけろ」というメッセージを残して消えてしまった。偶像の目は閉じているため皆何を言っているのか分からなかった。

そしてニューヨークへ帰るための船に乗る時に、ハイタワーはシリキ・ウトゥンドゥを小さな箱にしまおうとした。すると急に天気が悪くなり船の先に雷が落ちた。ハイタワーはその事を気に留めなかった様だが、スメルディングは呪いが本物だと気付き、ニューヨークに着くまで彼が大切に保管していた。

そしてニューヨークへ戻ってきたのは12月27日。あの事件のわずか4日前であった。

ちなみに、ニューヨークに戻る途中にS.E.A.という名の秘密組織の会合に出席していたという噂もあるが、情報は定かでない。ハイタワーには様々な人物の恨みが関わっているため、誰からの情報も信用ならないのだ。

Chapter 3 1899年12月31日

その日はコンゴ遠征からの記念セレモニーが行われ、お祭騒ぎだった。自分はその時シリキ・ウトゥンドゥについて調べていたため、ハイタワーに聞きたい事が沢山あった。

「私は莫大な金をかけ、命を危険にさらしてコイツを手に入れた。原住民の皆様方は手離すのを嫌がったがな!」

ハイタワーが自慢げに偶像の話をする中、私は当時より気になっていた質問をした。

「ハイタワーさん、それは呪いの偶像と言われていますよね?」

「呪いの偶像だと!馬鹿馬鹿しい!」 周囲の人々が大声で笑う。これ以外もしたい質問が山ほどあったのだが、やはり限度という物があるらしく、警備員を呼ばれ会場から追い出されてしまった。 しかし私は新聞記者。こんな事ではめげるはずがない。私はホテルのウェイターに変装して、再びホテルに戻った。すると、ハイタワーがシリキ・ウトゥンドゥを持って自分の近くにあるエレベーターに乗ろうとこちらへ向かってくるではないか!

これほど良い質問のチャンスはないと考え、変装を解き質問しようとしたが、またもや警備員に止められ質問が出来なかった。そしてハイタワーはエレベーターに乗り込み、彼の部屋へ戻ろうとした。そこで私はハイタワーが葉巻をシリキ・ウトゥンドゥに押し付けているのを見た。重大な掟違反だ。

そして時計が12時を指した瞬間、上の階で爆発のようなものが起きた。そしてホテル中が停電となり、ゲストたちは今まで感じたことのないほどの負の感情を一斉に感じた。過去の辛い思い出が走馬灯のように蘇り、膝から崩れ落ちる人が続出した。昔の古傷が痛んだ人もいたそうだ。 会場は大パニックになり、皆が我先にとホテルから逃げ出そうとした。その混乱により多数の負傷者が出てしまった。また同時に、ハイタワーが乗っているエレベーターがコントロールを失い、恐ろしい勢いで落下した。外でみていた人によると、その時エレベーターは緑色に光り、ハイタワーの叫び声が聞こえて来たそうだ。

そして落下して来たエレベーターを駆け寄ってきたスメルディングと共に見ると、そこにはシリキ・ウトゥンドゥとハイタワーの帽子だけが残されていた。ハイタワーは消えてしまったのだ。 その後ニューヨーク市消防署によって、事故の原因が分かるまでホテルは閉鎖され、人々は荷物を取りに戻る事も許されなかった。しかし原因など分かるはずが無い。何故ならあれはシリキ・ウトゥンドゥの呪いだからだ。彼は偶像に敬意を払わず、火を近づけたからこうなったのだと私は信じている。 結局事件の原因はニューヨーク市消防署には分からず、ハイタワー失踪の謎は迷宮入りとなった。噂ではハイタワーは肉体を無くしたが、魂はホテルの周りをさまよっていて、ホテルの中へ入ろうとする人に警告しているという。そして人々はホテルハイタワーの事を恐怖のホテル「タワー・オブ・テラー」と呼ぶ様になった。

Chapter 4 1912年8月22日

事件の後の13年間で実に様々な事が起きた。まずハイタワー失踪後、彼がやっていた事業は急速に停滞しエンディコットが経営している会社に吸収合併されてしまった。そこでエンディコットは、今もなお閉鎖されているホテルハイタワーを取り壊してエンディコットグランドホテルというホテルを作ろうとした。しかしそこで思わぬ邪魔が入る。それは彼の7番目の娘であるベアトリス・ローズ・エンディコット。彼女が14歳の時である1897年に、迂闊にも私が落としてしまった「ハイタワー三世真実の冒険物語」を読んでから親の敵であるハイタワーに傾倒してしまったそう。その為ハイタワーの象徴でもあるホテルハイタワーを取り壊す事など絶対に許せなかったのだ。

そして転機が訪れたのは1908年。ベアトリスが公園でホテルハイタワーのスケッチをしていた時に、アーチーという謎の男に出会う。彼は汚れた山高帽を被り、汚い服装で痩せた老人で、何かに怯えているようだったが、とても礼儀正しかったそうだ。彼は事件以前にホテルハイタワーのコックの助手として働いていたらしく、ホテルについて凄く詳しかった。しかしあの事件によって職を失ってから働き口が見つからず、妹家族に世話になっているという。

そして彼はベアトリスの話を聞き、ホテルハイタワーの買収を提案したが、ベアトリスの父であるエンディコットが自分のホテルを建てようとしている事を知ると、ホテルハイタワーの文化財を守るための協会を作り、一般のゲストにホテルの中を見学してもらうホテルツアーを開催するべきだと言い出した。そうして1912年6月にニューヨーク市保存協会が秘密裏に設立された。この協会の目的は「ニューヨーク市の貴重な文化財を守る」事だったが、実質的にホテルハイタワーのためだけに設立された様な物だった。

その事務所は私が働くニューヨーク・グローブ通信の近くにあったため、その動きにすぐに気付き、ベアトリスと話をして計画を中止させようとした。あのホテルの呪いは本物なんだと。しかしベアトリスは聞く耳を持たず計画を先に進めていった。 そんなある日、ベアトリスから一通の手紙が届いた。「あなたを一足早くホテルツアーに招待します。8月22日の午後5時にホテルの前に来てください。」これがホテルツアーを中止させる最後の希望だと信じて、行く事にした。

指定された時間にそこへ着くと、居たのはベアトリスただ一人だった。こうして2人だけでホテルの中へ入ることになり、まずはロビーへ入る。植物は枯れ、ホコリはたまり、クモの巣も大量に出来ている。13年前とは大違いだ。庭園や、事件が起きたエレベーターを見ながら進むと、写真室に入った。

「ここでゲストに、事故が起きた日の記者会見を聞いてもらおうと考えてるの。」そう言って、蓄音機を回す。「ハイタワーさん、それは呪いの偶像と言われていますよね?」「呪いの偶像だと!馬鹿馬鹿しい!」 「この質問している人ってあなたよね?この頃から呪いについて言ってたのね。」呆れたように言い放ったベアトリスだったが、私はそれどころじゃ無かった。何かがおかしい。ロビーで動く人影の様な物を見た気がするが、何か不可解な事が起きている。本能が危険だと告げている。 その瞬間部屋の電気が消え、13年間使われていないはずの電話が鳴り出す。さらにステンドグラスの絵が動き出し、壁が星のように光る。そして電気が付くと、さっきまで部屋にあったシリキ・ウトゥンドゥが消えてしまった。私は「今のは呪いへの警告なんだ。すぐに引き返すべきだ。」と言ったが、ベアトリスは「きっと誰かのイタズラだ」と全く取り合ってくれない。そしてハイタワーが強奪してきた宝を集めた秘密倉庫へ向かった。すると、山積みにされた貴重な宝の数々に私達は圧倒された。しかし、それらを台無しにしている異常に高い湿気。ニューヨーク港には秘密の水路があるという噂を何度か聞いたが、もしかするとここに繋がっているのでは無いかと思った。

そうして倉庫の中を探検していると、謎の通路を見つけた。ベアトリスもその通路の事を知らないという。中に入ろうとすると、突然古代エジプトの像が倒れてきた。危うくベアトリスが押し潰されそうになったが何とか助け出すと、誰かが走る足音が聞こえた。「ほら、写真室での出来事もあの人のイタズラなのよ。きっと浮浪者とか何かでしょうね。」 通路の中へ入っていくと、誰かが住んでいるような形跡がある部屋に出た。そこにはハイタワーの事件や、ベアトリスが企画しているホテルツアーに関係する物、さらにアーチーが着ていた服があった。「これはアーチーの部屋だ。そして彼はコックの助手なんかじゃない。ハイタワーの執事だったスメルディングだ。」しかしベアトリスは、アーチーが嘘を付いていたという事に関してあまり気にしていない様だ。「じゃあ全て解決ね。写真室の出来事も像が倒れたのも全部その執事がやったのよ。タチの悪いイタズラね。」しかし自分にはそう思えなかった。写真室の出来事は彼一人で出来る様な物ではない。何か我々には理解できない様な事が起きている。

その後エレベーターを乗り継いで14階まで上り、ハイタワーの自室へ向かった。すると消えたはずのシリキ・ウトゥンドゥがそこにあった。不思議に思っていると、電話線が切れて使えないはずの電話が突然鳴り出した。恐る恐る受話器を取ると「愚か者...何故忠告を聞かなかった!」この声は知っている。ハイタワー三世だ!後ろを見ると、シリキ・ウトゥンドゥの目が緑色に光っている。呪いをかける時の合図だ。 すぐにベアトリスを連れて階段を駆け下り、命からがらホテルから脱出した。

「見ていないのか!シリキ・ウトゥンドゥの呪いは本物なんだ!」

「なぜそこまでホテルハイタワーを嫌うの?多くの職員がホテルを調べたわ。でもそこには何の異常もなかった。もちろん呪いなんてものもね。あのホテルは安全よ。」

「そうじゃないんだベアトリス。目で見て分かる異常なんてものでなく、あのホテルは...ホテルハイタワーは精神的に腐っている。」

ベアトリスは完全に呆れた様子だった。

「あなたって本当に頑固ね。せっかく名誉挽回のチャンスをあげたのに。もしまた変な記事を書いてホテルツアーを邪魔しようとしたら、また解雇されるわよ。」

その一言で私は完全にやられた。あの事件直後にシリキ・ウトゥンドゥの呪いに関する記事を書いた所、私への批判が高まり一時的に解雇されてしまったのだ。あの解雇された時の苦しみはもう味わいたくない。ホテルツアーを止める手段は、もう無くなってしまったのだろうか。

Chapter 5 1912年9月4日

ホテルツアー開始の日。結局私には何も出来ることは無く、行きつけのニューヨーク・デリでランチを食べている。するとベンチの横に長身の年老いた男が座り、話しかけてきた。「やあ、ストラング君。元気にしているかい?」 新聞記者は人の顔を忘れてはいけないと上司から何度も言われていたが、すぐにはその男を思い出せなかった。 「もしかして、あなたはスメルディングさんですか?」 そう、相手はハイタワーの執事スメルディングだった。13年前よりも痩せこけていて、髭も凄く長い。あまり清潔とは言えない風貌である。

「君は賢いね。それはそうか、シリキ・ウトゥンドゥの呪いが本物だとすぐに気付いたからな。」

「そんな、とんでもないです。会うのは13年ぶりですかね。」

「いや、2週間ぶりだ。まあ、きちんと話すのはあの日以来だが。」

やはり、あの人影は彼だったのか。そして、ずっと気になっていた質問を思い切ってぶつけてみた。

「あの、一つお聞きしたかったんですが、何故あなたはベアトリスにホテルツアーを勧めたんですか?エンディコットの新しいホテルの計画を中止させるだけで良かったのでは?」

「誰にも言わないと決めていたが、君になら伝えてもいいだろう。君は知っている様に我が主であるハリソン・ハイタワー三世は魂の状態となって、13年間シリキ・ウトゥンドゥに怯えながらホテル内をさまよっている。しかしホテルツアーを行えば、怖いもの知らずの客達が沢山やって来るだろう。そこでシリキ・ウトゥンドゥの怒りを買えば、ハリソン・ハイタワー三世の魂も解放されるのでは無いか。そう考えている。」

そう言ってスメルディングはニヤリと笑った。私は、これほど恐ろしい笑いを見たことが無かった。ハイタワーへの恐ろしい程の忠誠心。そして好奇心によってホテルへ入ったゲストに恐怖の呪いがかかろうとしている。

「さあ、そろそろエレベーターが最上階に着くはずだ。シリキ・ウトゥンドゥの呪いが発動するぞ。」 笑いながら言ったスメルディングの言葉に驚き、ホテルを見上げる。ちょうどその時ホテルのエレベーターから、緑の閃光が放たれた。

f:id:stacyperry109b:20170306224519j:plain