読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

stacy's blog

ディズニーが好きな人がディズニーについて語るだけのブログ。

サラ・カーペンターが可愛すぎることについて

かわいいは最強なんです。カッコいいの場合、カッコ悪い部分を見ると幻滅するかもしれない。でも、かわいいの場合は何をしてもかわいい!かわいいの前では服従、全面降伏なんです! - 森山みくり

さて、自称サラ・カーペンターの日本一のファンのstacyです。考えてみれば今までブログで嫁ことサラ・カーペンターについての記事を書いて無かったなと思って、サラの可愛さについて語り尽くす記事を書いてみようと決心してみた。ちなみに普段はサラのことを親しみと愛情と敬意とその他もろもろを持ってさらさんって呼んでるけど、分かりにくいから今回はサラで統一するね。これを読んでも痛いやつだと思わないのであれば、先へお進みください。


サラ・カーペンターは、全米のティーンで大人気、日本でもどんどん注目されてきている女優、歌手であるサブリナ・カーペンターの実の姉。1996年生まれで今年で20歳。サラは主に妹のバックシンガーを務めていて、この前全てソールドアウトで終了したサブリナの「レボリューション・ツアー」にも参加。さらにディズニー・チャンネルの大人気ドラマ『ガールミーツワールド』でサラ役としても出演中!皆勤賞とまでは行かないけど、歴史のクラスの教室の一番右の前にはほぼ常に座っているので、脇役とは言わせない。

さて、サラの可愛さを伝えたいんだけど、あの人智を超えた可愛さを自分の拙い文章で伝えることは不可能なので、とびっきりにかわいい写真をお見せしましょう!!

f:id:stacyperry109b:20161225030307j:plain

f:id:stacyperry109b:20161225030458p:plain

f:id:stacyperry109b:20161225030529p:plain

f:id:stacyperry109b:20161225030633j:plain

f:id:stacyperry109b:20161225030647j:plain

ほら可愛いはい可愛い。かわいいは最強ですねはい。この可愛い写真たちはサラの公式TwitterInstagramで見れますはいフォローフォロー。てか凄いフォロワー数増えててびっくり。

 

では最後に、最強にサラが可愛い動画を2つ紹介。まず一つ目はこれ。

これはウォルト・ディズニー・ワールドのシンデレラ城の中でサブリナとサラが映画「シンデレラ」より"A Dream is a Wish Your Heart Makes"と"So This is Love"を歌っている時の映像。その中でマジック・キングダムで遊ぶサブリナとサラが可愛すぎて...はい、最強。

次!サブリナとサラ姉妹、さらに「ガールミーツワールド」で共演中のローワン・ブランチャードとコーリー・フォーゲルマニスがディズニーランドリゾートで遊びつくす動画。もうね、サラが遊んでる時に見せる笑顔が本当に可愛いのですよ...。詳細はこの記事で。まあこの記事はまあまあ長いけど。

 

見返してみると本当に可愛いしか言ってないね。なんかもう可愛さを伝える気あるのかって感じだけど、まあ本当に好きなモノは他人になかなか伝えられないじゃないですか。そーだそーだ。というわけでおしまい!

【ネタバレ感想】ローグワン観たよ!

観てきましたよローグワン。なんかもうフォースの覚醒の時にも感じた、鳥肌が立つ感覚をまた味わえた。

スターウォーズの定義

オープニングからしてスターウォーズなんだけどスターウォーズ、でもスターウォーズじゃなくって...みたいな不思議な感覚。オープニングクロールが無いっていうのは知ってたけど、最初の「A long time ago in a galaxy far, far away...」は残ってて、でも黄色い文字たちは出てこずに、映像が流れその後少ししてからタイトルが出るっていうスタイル。これって、まさに世間一般の映画の作りだよね。タイトルが出るときって映画が始まってすぐじゃ無く、少ししてからが多いからね。だからフォースの覚醒も撮影の仕方をJ. J. エイブラムスが変えたように、スターウォーズがどんどん普通の映画っぽくなってる感じ。あの右から左に流れる謎のワイプ(画面と画面を切り替える事)も今回少なかったし。

f:id:stacyperry109b:20161221223558j:plain

 

40年の時の架け橋

エピソード4/新たなる希望が公開されたのが1977年で、今作が2016年公開。だからまさに40年の時が流れたわけで、その間の映像革新は恐ろしいほどだよね。そしてその中で同じ時代(スターウォーズ用語で言う0BBY)を映像にしているから、いくら技術が進歩していてもエピソード4での描写と変えてはいけないところがあって、他の映像はとってもキレイなのに、デススターのボタンとか設計図とかは40年前の技術っぽさが出ててちょっと違和感。たぶん制作サイドも悩んだんだろうね、キレイに作りなおすかそのままの質感を出すかで。まあそのままにしてくれて本当に良かった。でも40年前と同じはずのXウィングとかが古臭く見えないのは元々のデザインの素敵さだよねきっと。そしてお気に入りのシーンがこの、ジェダでのデススターによる日食。デススターの巨大さと恐ろしさが一気に出てる感じ。

f:id:stacyperry109b:20161221223649p:plain

ジンたちが素敵すぎる

ジン、キャシアン、K-2SOのトリオ素敵すぎるって。スターウォーズの仲良しトリオといえば、旧三部作(ルーク、レイア、ハン)とか新三部作(アナキン、オビ=ワン、パドメ)、続三部作(レイ、フィン、BB-8)だと思っていて、でも今回のトリオは境遇とか年齢的にだからかよりパートナーって感じで、仲良しって言われるとうーんって感じ。でもだからこその最後のスカリフの戦いが辛い...。いや、みんな死んじゃうんだろうなとは思ってても実際に全滅するところを見るとね...。まあだからこそ彼らの「犠牲」によって得られた「希望」と言う名の設計図が素晴らしいものだとあらためて再認識できるって事か。

f:id:stacyperry109b:20161221224952j:plain

ブラック企業:帝国軍

予想外だったのが、クレニックさんがそんなに極悪人じゃ無かったことかな。ダースベイダーとターキンのパシリみたいな。ターキンはやっぱり観ててムカつくキャラNo.1ですねおめでとうございまーす。いや最初はCGでここまで再現できるのか!って思ったけど、その後はもう徹底的に嫌なやつ。ブラック企業バンザイ。あ、帝国は企業じゃないか。

 

そしてダースベイダー強すぎ。エピソード2・3を観るとアナキンが敵をバンバン倒しているのを観ると、それが大人になるとこうなるって事ですね。ただ怖いよ...バトルドロイドを倒すのとはわけが違うよ...。確かにこれカイロレンに見せると調子乗っちゃいそうだね。

f:id:stacyperry109b:20161221225915j:plain

ラストがやばい

ラストがやばい。本当に。ジンとキャシアンが設計図を送信してから後の展開が急すぎて中々すぐに理解できない。いきなりデススターがハイパースペースからスカリフに出てきてレーザー光線撃って、反乱軍が逃げようとしてジャンプした瞬間にダースベイダーのデストロイヤーが出現して粉々っていう展開がもう恐ろしすぎる。てかデススターってハイパードライブあったんだね。まあ無かったらオルデランからヤヴィンまで移動できるわけがないから当たり前か。そしてダースベイダー無双からの設計図が間一髪でタンティヴIVに届けられ、CGのレイア姫(実物より可愛くなった気がするのは気のせい?)がデータの中身を聞かれて「希望よ」と答える。号泣に決まってるだろこの展開!リアルにエピソード4の10分前だった。エンドロールがスターウォーズの音楽まんまだったからか、脳の処理能力が追いつかなかったけどSpecial Thanks: Carrie Fisher(レイア姫役の人)を観てわりかし冷静になれた。えっと...とりあえずもう一回観たい。うん。

スターウォーズ アフターマスを読んだよ!

スターウォーズのスピンオフ小説であるアフターマスの日本語版が今年の夏に発売されていて、ついに読み終わったよ!なかなか分厚くて、すごく読み応えがある面白い本だった!読み応えがありすぎて英語で読むのはなかなかきつそうだったから、日本語版出してくれて本当に有難うございます続編もお願いしますヴィレッジブックスさん!

スター・ウォーズ アフターマス

スター・ウォーズ アフターマス

 

 

せっかく読んだのでちょっとレビューというか読書感想文みたいなの書こうかね。このアフターマスは、「エピソード6/ジェダイの帰還」の半年後、つまりフォースの覚醒の29年前のお話。エピソード6と7の間の空白の30年間の出来事を辿る「ジャーニー・トゥ・フォースの覚醒」の中の1作だから、今までの映画作品と最新作をつなぐ重要な作品。まあ簡単に言うと、フォースの覚醒への伏線を後付けでどんどん作っている感じかな。でも29年前の出来事というだけあって映画の主要キャラクターはまだ生まれてない人ばっかりで、あんまり直接繋がってる感は無いけどね。

 

この物語の舞台となるのはアキヴァという惑星。アキヴァという名前に聞き覚えがある人はいるだろうか?まあ、いないでしょ。だってこの小説で初登場の惑星だもん!そして話の内容はまあスターウォーズらしく帝国軍と反乱軍の戦いなんだけど、面白いところは帝国軍はエンドアの戦いで第2デススターを爆破されたことによって皇帝とダースベイダーという2トップを失い、さらに重要な人物は皆デススターにいたため指導者が一斉にやられて混乱している状態。そして反乱軍はエンドアの戦いを機に新共和国軍と名前を変えて、あらゆる星からの支持を得て行っている状態。つまり帝国軍と反乱軍(新共和国軍)の力関係が完全に逆になってしまったということ。

 

そんな中で帝国軍の生き残りの将校たちがアキヴァで今後の方針を決める重要な会議を始める。そして同じ頃アキヴァには新共和国軍のパイロットであるウェッジ・アンティリーズとノラ・ウィクスリーがいた。さらにノラの息子であるテミンや、賞金稼ぎ、元帝国軍の将校など、登場人物が多い多い!さらにほとんどが初登場の人だからかなり人間関係が複雑でこんがらがるね!そしてこのアフターマスは3部作で、まだお話は始まったばかり。そしてこの3部作で帝国軍と新共和国軍の戦い、そして帝国軍の最期について語られるんだろうな。フォースの覚醒の主人公であるレイが暮らしていた砂漠の惑星ジャクー、あそこで帝国軍と新共和国軍の最後の戦いであるジャクーの戦いが繰り広げられたらしく、そこまでの展開が気になるばかり。そういえばアフターマスでもジャクーがちらっと出てきて、そこでは「こんな辺境の惑星で戦いなんて起きるわけがない」的な事が書かれていたはず。それが半年後にはご覧の様子に...みたいな伏線けっこう好き。

f:id:stacyperry109b:20161018174128j:plain

この小説で一番面白いと感じたところは、帝国軍で実際に働いている人が何を考えて行動しているかが分かるところかな。スターウォーズっていうのは今までどの映画も共和国軍、反乱軍の目線で描かれているから、完全に帝国軍っていうのは悪なんだよね。だからこそスターウォーズは善悪の境がわかりやすい作品だって言われているんだけど。そんな中でフォースの覚醒では今まで感情が描かれることなんてなかったストームトルーパーの中身が主人公になったりと、悪と言われている人も何かしらの理由があってそれをしているっていうのが面白いよね。だって帝国軍の人は別にフォースが使えるわけじゃないから、ダークサイドに落ちるなんてことはありえないわけじゃん。そもそも帝国軍の人のほとんどはフォース自体を信じていなかったりするし。エピソード4でもフォースを馬鹿にした帝国軍の人がダースベイダーに首を絞められていたけど、今はフォースを自由自在に使える人がルーク・スカイウォーカーただ一人っていう時代だからね。フォースを使える人が周りにいなかったら、そりゃあフォースを信じないわなっていうね。

ガールミーツワールド「テキサスで見つけたもの」

ついに日本でも、ガールミーツワールドの特別編、「テキサスで見つけたもの」(原題:Girl Meets Texas)が放送されましたね!ネタバレになってしまうため、詳細については触れませんが、観た人はかなりの急展開に驚いた人も多いのでは?ここから先は物語の内容に触れ始めるので、まだ観ていない人の中で何も知らない状態で見てみたい!っていう人は是非観てからこの記事を読んでね。あ、でもせっかくこのブログを開いてくれたんだから、他の記事を見ていってね。よろしく!

 

f:id:stacyperry109b:20161017230259j:plain

さて、最初自分が予想していたお話は、シェキラ!のエピソードの一つである「飛べ!空高く!」みたいな感じ。あれはひょんなことから田舎町に閉じ込められたロッキーとシーシーが飛行機の上で踊ることになるかなりハチャメチャなお話(ちなみにロッキーはこれ以降飛行機恐怖症になっちゃうっていう展開が面白かった)。でもこのテキサスのお話は凄く恋愛要素がたっぷり。特にキャンプファイヤーなんてねぇ、うん。

 

そして思ったのは、ガールミーツワールドは伏線の作り方が異常に上手い。自分はテキサスがアメリカで放送された1年前ぐらいにに観て、その後に日本で放送されたシーズン2のエピソードを順に観ていったんだけど、なんかもう観る1周目と2周目では全然観方が変わってくるよね。最初にテキサスを観た時は「え、ライリーは何であんな事を言い出すの?」って思ったけど、今までのエピソードをきちんと踏まえるとライリーの心情がすごく納得できるようになるはず。というわけで、テキサスの展開に驚いた人へ是非是非もう一度観てもらいたいエピソードを3つ紹介しますね。

 

1. 初めてのデート (Girl Meets First Date)

今まで友達以上恋人未満の関係だったライリーとルーカスが初めてデートに出かけるエピソード。たとえデートは一瞬で終わろうとも、きちんとカップルカップルしているエピソードはこれだけかもしれない。そこがライリーとルーカスの関係の面白いところなんだけどね。 


2. キスとプレッシャー (Girl Meets the New World)

「初めてのデート」のエピソードでキスをしたことをマヤにからかわれ、さらにクラスメイトから、ライリーとルーカスがカップルだともてはやされる。すると二人は自分たちがカップルであるという事を意識し過ぎるあまり、まるで初めて会った時のように緊張して何も話せなくなってしまう。そこでライリーとルーカスは、周りが期待しているからカップルになるのではなく、自分たちらしく今までどおりの友達として(実際には友達以上恋人未満として)接することを決めたのでした。

 

3. 一緒にいるということ (Girl Meets Semi-formal)

ルーカスから学校のダンスパーティーに一緒に行こうと誘われないあまり、気づいたらチャーリーという人と一緒に行く約束をしてしまったライリー。そこでライリーはルーカスとチャーリーの選択を迫られる...という話。このエピソードにはボーイミーツワールドに登場していたジャックという人がゲストとして登場します。そしてジャックは、レイチェルという女性について話します。レイチェルはジャックとエリック(コーリーの兄)の両方と仲がよかったが、ジャックのことをボーイフレンドとして、そしてエリックのことをまるで兄のように扱っていました。そして月日が経つと、ジャックはレイチェルと全然会っていないといい、エリックはレイチェルと今でも頻繁に連絡しているそう。つまり、ボーイフレンドとして友達と接するよりも、兄弟として接したほうが将来ずっと友達でいられるということ...。はいここ重要!

 

ディズニーチャンネルやDlifeでいつこれらのエピソードを放送するかは分からないけど、もし放送されたらぜひ観てみて!そしてここから先のエピソードもこのテキサスでの出来事から繋がっている話がいくつかあるから、テキサスでの展開が気になった人はこれからのドラマの展開にきっとハラハラドキドキするはず!

この夏ハマった曲たち

もう夏も終わりが近づいてきましたね。ちなみに自分がこの夏休みで成長したなと思ったことは、タワーオブテラーのセリフを大分言えるようになったことです。以上です。

 

さて、夏の間は様々な曲を聴きますよね。その中にはやっぱりハマって何度も繰り返し聞いた曲があるはず。というわけで今回は自分がこの夏の間にはまった曲をひたすら並べていきます。

 

Carly Rae Jepsen - Warm Blood

Carlyの曲って素敵な曲多いよね。最初このWarm Bloodっていう曲は全くのノーマークだったのに、先月なんとなく聴いてたら凄く好きになってきちゃって何回も聴きました。思い出。

 

Bridgit Mendler - Top of the World

夏の間に買った帽子に「Top of the World The world is yours」っていう超カッコいいキャッチコピーが書いてあって、その時にこの曲思い出して久々にハマった。Bridgitはついこの間新曲出したから、また歌手活動再開してくれるかな!待ってるよ!

 

知り合いがこの曲をLINEのBGMにしてたから聴いてみたらとっても素敵な曲だった。LINEのBGM機能に初めて感謝した。こんなふうにビーチを二人で歩きたいね!うん!自分の夏の思い出にそういうのは含まれていないんだよ!なんでだろうね!

 

Pentatonix - Perfume Medley

ペンタトニックスが凄すぎる。元々Perfumeの曲ってカッコいい曲が多いけど、それがさらにカッコよくなって鳥肌立った。そしてPTXメンバーのルックスが自分の知ってるメンバーと違った。

 

ちなみにPerfumeの中で好きな曲はDream Fighterっていう曲です。

 

Disney - Minnie's Tropical Splash 2016

今年初めてトロピカルスプラッシュ観たんだけど、凄かった。土砂降りに水がかかるわ、リドアイルでみんな踊っててもはや狂気だわ、ミッキーがフルーツへの情熱だなんだ言い出すわ...。でも音楽は最高にクールでホット。「オレンジ、パパイア、パイナップル...」のラップ部分が好き。

 

以上です。こういうのって後から振り返るのが楽しいから、来月以降もやっていきたいな。にしてもニュース記事っぽくない、ブログっぽい記事久しぶりに書いた。

 

ローワン・ブランチャードのエプコット紀行!

ブログやTwitterを見てくれている人は知っていると思いますが、自分はディズニーパークとディズニーチャンネルが大好きです。なのでその二つが合わさると、自分のテンションはすごく高くなります。たとえばこんなの。

 

なので今回もそんな自分のテンションがすごく高くなる動画を紹介してみます。アメリカのフロリダ州にあるウォルト・ディズニー・ワールド・リゾート(以下WDW)。そのWDWのプロモーションとしてWDW Best Day EverというYouTubeアカウントがあって、そこではWDWに関する様々な動画が上げられています。その中から今回は「Sisters World Tour at Epcot」という可愛さであふれている動画を紹介しますね!

 

さて、この写真に写っているのはガールミーツワールドでライリーを演じているローワン・ブランチャードと、その妹のカーメン・ブランチャード。そして二人の後ろに写っているのは...鳥居!?

f:id:stacyperry109b:20160825225449p:plain

 

WDW内にあるエプコットというディズニーパークは、世界各国の文化をテーマにしたワールド・ショーケースというエリアがあり、その中には日本をテーマにしたエリアがあります。そこには鳥居、五重塔、お城など日本らしい建物が沢山。あぁ、エプコット帰りたい...。

f:id:stacyperry109b:20160825230004j:plain

 

ローワンは実は日本好き。まだ来日はした事がないものの、彼女のTwitterInstagramには日本が関係した投稿も。例えば...

 

などなど。そしてローワンとカーメンは、なんとリラックマのぬいぐるみと一緒に一枚。はい可愛い。

f:id:stacyperry109b:20160825230330p:plain

 

五重塔をバックにしたカーメンの写真。はい可愛い。

f:id:stacyperry109b:20160825230521p:plain

 

日本だけじゃなく、エプコットには他の国をテーマにしたエリアもあります。たとえばモロッコとか、

f:id:stacyperry109b:20160825230612p:plain

 

ノルウェーとか、

f:id:stacyperry109b:20160825230858p:plain

 

フランスとか。ローワンがちらっとフランス語をしゃべっていてビックリ。ライリーは全くしゃべれなかったのに...。(でも確かにBonjourの発音は良かったけど)

f:id:stacyperry109b:20160825230625p:plain

 

というわけでとっても可愛いとっても素敵な動画でした。Rowanはこの撮影の時いろんな日本に関する写真をInstagramに載せているから、やっぱり早く来日するべきだと思う。そうだよ来日しようよ!カーメンも一緒に!

ベビーシッター・アドベンチャーのあらすじとか

さて、ついに2016年9月に放送が決まったディズニーチャンネルオリジナルムービー(DCOM)最新作、ベビーシッター・アドベンチャー(原題:Adventures in Babysitting)。これは1987年に公開された同名の作品のリメイクとなってるんだけど、その作品を観ていなくても楽しめる事間違いなし!だって30年前の作品なんてみんなほとんど観てないでしょ!それを観ている前提で映画を作るなら、それはその映画自体根本的にダメということだ!

 

とにかく主人公が超可愛い!(少なくとも1987年版よりは←)主役を務めるのはガール・ミーツ・ワールドでマヤ役のサブリナ・カーペンターと、ディセンダントでイヴィ役のソフィア・カーソン!こんな可愛さの塊みたいな二人を主役にした時点でもはや勝ち。

f:id:stacyperry109b:20160824234809j:plain

 

書いてる本人はまだ映画を観鑑賞なので、詳しいあらすじは分からないけど以前ディズニーチャンネル公式が、映画の初めの10分間をYouTubeに載せていたから、そこの部分のあらすじだけ書くね。まずサブリナ演じるジェニーとソフィア演じるローラが共に写真のコンテストの面接へ行く。しかし、しっかり者のジェニーとお気楽なローラは性格が正に正反対で、会った途端なんだか険悪なムード。そしてその後お互いの携帯電話を間違えるというハプニングがあり、図らずして二人は一緒に過ごすことを強いられる...みたいな。続きは観てのお楽しみ!(そもそも書いてる本人がその続き知らないし)

 

主題歌はワイルドサイドという曲で、もちろん主役の二人が歌っているんだけど、これのミュージックビデオが最高にカッコいいから観て!こんなにカッコいい歌詞ビデオ始めて見たよ!青と赤が交わって紫になる演出が大好き!

 

そしてなんとこのワイルドサイド、日本でもiTunesGoogle Playで買うことが出来ます!

 

これはDCOM100作目を記念したアルバムで、ワイルドサイドだけじゃなく今までのDCOMを象徴するような曲の数々が収録されていて、特にオススメなのがフォーエバー・イン・ユア・マインドのDCクラシックス・メドレー。ディズニージャパンがこういうアルバムを売ってくれるのは本当に嬉しい。これからもこういうアルバムをたくさん売ってくれるようにするために、みんな買おう!ぜひ買おう!


最後にちょっぴり余談。これキャストの集合図なんだけど、ソフィアの後ろにいる男の人の顔が細すぎて、最初びっくりしました。以上です。

f:id:stacyperry109b:20160825000448j:plain